タグ別アーカイブ: お知らせ

令和元年「稲刈り体験」の参加者募集

本年7月の長雨の影響で水稲の成育が遅れておりましたが、最近の猛暑続きで持ち直し、当初の予定通り稲刈り体験を9月1日(日) に実施します。 母なる湖、琵琶湖の命の水で育まれた、生きもの、人に優しい「魚のゆりかご水田米」皆さんと一緒に収穫の喜びを体験しませんか! 皆さんの参加お待ちしております。PowerPoint ƒvƒŒƒ[ƒ“ƒe[ƒVƒ‡ƒ“

ディスカバー農山漁村の宝サミットに出席

19.6.7(金)農林水産省主催による「ディスカバー農山漁村の宝」サミットが東京ミッドタウンホールで開催され、せせらぎの郷から堀が出席し、応援として滋賀県の青田さん、滋賀銀行から紀戸さんにもお越しいただきました。全国から第1回~第5回の申請団体3562団体のうち認定団体が143団体で滋賀県からは「せせらぎの郷」のみの受賞となっています。サミットの目的は、いかにディカバーの価値を高め、今後に繋げていくか議論が行われ、多くの出席者の皆さんと名刺交換さしていただき、今後につながるようなご意見をお聞かせいただくことが出来ました。交流会においては、吉川農林大臣、菅官房長官も出席され、おおいに盛り上がりました。

image1 (7)image1 (9)image2 (2)image1 (6)image2 (3)image2 (4)image1 (10)image1 (5)

第3回「買うエコ大賞」受賞

19.6.4滋賀グリーン活動ネットワーク主催による「買うエコ大賞」表彰式がピアザ淡海で開催され、せせらぎの郷から堀、冨田、井狩、八尋さんの4名で参加しました。昨年11月から一般投票が行われWEB投票や一般の方からも、多くの支持をいただき見事「魚のゆりかご水田米」及び「月夜のゆりかご」が大賞を受賞いたしました。表彰式後、中原先生、三日月知事の記念講演があり、引き続き「せせらぎの郷」活動事例報告をさしていただきました。このように多くの方からご支持をいただき、自然環境の素晴らしさを痛感するとともに、今後もSDGsの視点を踏まえ持続可能な取組として後世に引き継いで行きたいと思っております。投票いただいた皆さまに改めてお礼を申し上げます。 ありがとうございました。又この模様を翌日の京都新聞朝刊にも掲載されました。

 

image2image3 (1)image1 (4)image2 (1)image3image1 (2)image1 (3)

 

 

生きもの観察会参加募集

本年度6月22日(土)生きもの観察会を実施します。琵琶湖の保全や生きものの生命の大切さを学び、「せせらぎの郷」の生態系保全活動や琵琶湖の水環境保全活動を応援いただきとの思いで本年度も生きもの観察会を実施しますので参加希望される方は下記チラシを参考していただき、メールにて早めに申し込みをお願いいたします。定員になり次第締め切りとさせていただきます。PowerPoint ƒvƒŒƒ[ƒ“ƒe[ƒVƒ‡ƒ“

 

田植え体験・参加者募集

2019年度もいよいよイベントが始まります。4月12日(金)琵琶湖と田んぼをつなぎ魚が産卵・成育できる環境づくり「魚道」を設置します。続いて5月11日(土)は魚のゆりかご水田で生きものと共生し、昔ながらの田植え体験を実施しますので皆さん参加をお待ちしております。 申込先は電話又はメールでお願いします。PowerPoint ƒvƒŒƒ[ƒ“ƒe[ƒVƒ‡ƒ“

2019年度須原魚のゆりかご水田オーナー募集

多くの皆さんに参加、ご支援願うことで、多くの生きものを育む環境を作り、生きものが育つ田んぼで お米づくり、生きものに触れることで教育に繋がり、皆さんの交流によって人々の多様性が生まれ、地域の賑わいを取り戻し、地域の活性化とSDGs(持続可能な循環型社会の実現)に向けて本年度も須原魚のゆりかご水田のイベント、チラシの通り計画しております。是非、皆さん自然のなかで生きものと一緒にお米づくりしませんか?  皆さんのオーナーへの入会をお待ちしております。 入会への手続きについては、メール又は書面でお願いいたします。ƒXƒ‰ƒCƒh 1ƒXƒ‰ƒCƒh 1

 

中日新聞・京都新聞に掲載

平成30年度農林水産省、地産地消等優良活動表彰の近畿農政局長賞受賞の模様が中日新聞・京都新聞に掲載されました。この受賞はオーナーさん、サポーター等の皆さんに支えられ、この活動が続けられていることに感謝申し上げ、皆さんと一緒に喜びを分かち合いたいと思っております。受賞式は2月15日(金)メルバルク京都で行われます。今後に付きましても、この受賞の価値を高め、多くの皆さんと共有し、消費者の皆さんに一人でも多く、ご理解願い生物多様性に配慮したお米を食べていただく事によって我々生産者もより多くの安心なお米が生産できる社会を構築していきたいと思っておりますので引き続きご支援・ご指導をよろしくお願いいたします。IMG_20190116中日新聞IMG_20190120京都新聞IMG_20190120受賞式

 

 

 

外来植物「オオフサモ」除去

琵琶湖に一番近い須原の支線排水路で外来植物「オオフサモ」が大繁殖しており、昨年の6月には田んぼまで入り、魚道を設置するにも堰板が設置できず、魚が産卵できない状況になっている。3年前も堰板が設置できず皆さんと取り除き堰板を設置したが、産卵数は少なかった。来年度はこの水路で魚道を設置し魚のゆりかご水田を取り組む予定だが— 今年10月29日に滋賀県・野洲市の関係者と琵琶湖博物館の中井克樹学芸員にお越し願い現状を見ていただき、除去方法等ご教示いただき、まずは「魚が生きる環境が破壊されている。産卵できる環境を取り戻してあげることが第一」との思いで、まずは機械で取り除くことにしました。その後状況を見て人力で取り除く予定ですのでその節は皆さんの参加・協力をよろしくお願いいたします。その除去工事が12月21日より始まり、この模様を中日新聞にも掲載されました。IMG_20181225中日新聞

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

田園自然再生活動の集いに参加

平成30年12月10日 地域環境資源センターが主催する場所:東京大学弥生講堂で平成30年度「田園自然再生の集い」が行われ参加しました。テーマとしては~ともに学び、成長する(育つ)場としての田園空間~として議論が行われ、講演ではいつも須原にお越しいただいている学習院女子大学荘林副学長がお話しされ、あらためて持続性を考えるには等のヒントをいただき、今後に繋がるような勉強させてもらいました。本日、私の役割は、北は北海道から西は沖縄まで全国の皆様の前で壇上に上がり、僭越ながら「田園自然再生活動推進宣言」を読み上げさしていただき本日のシンポジウムは終了致しました。 後、交流会があり多くの活動団体、メディア、大学の先生の皆さまと名刺交換さしていただき交流が広がりました。この集いに参加さしていただき皆様との情報交換やご意見をお聞きする等、学びの多い集いでありました。

IMG_20181214_田園再生の集い

IMG_20181214_大会宣言文章東京大学弥生講堂一条ホール10.パネルディスカッション_全体DSCF0274DSCN3194

東京大学農学部