外来植物「オオフサモ」除去

琵琶湖に一番近い須原の支線排水路で外来植物「オオフサモ」が大繁殖しており、昨年の6月には田んぼまで入り、魚道を設置するにも堰板が設置できず、魚が産卵できない状況になっている。3年前も堰板が設置できず皆さんと取り除き堰板を設置したが、産卵数は少なかった。来年度はこの水路で魚道を設置し魚のゆりかご水田を取り組む予定だが— 今年10月29日に滋賀県・野洲市の関係者と琵琶湖博物館の中井克樹学芸員にお越し願い現状を見ていただき、除去方法等ご教示いただき、まずは「魚が生きる環境が破壊されている。産卵できる環境を取り戻してあげることが第一」との思いで、まずは機械で取り除くことにしました。その後状況を見て人力で取り除く予定ですのでその節は皆さんの参加・協力をよろしくお願いいたします。その除去工事が12月21日より始まり、この模様を中日新聞にも掲載されました。IMG_20181225中日新聞

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

田園自然再生活動の集いに参加

平成30年12月10日 地域環境資源センターが主催する場所:東京大学弥生講堂で平成30年度「田園自然再生の集い」が行われ参加しました。テーマとしては~ともに学び、成長する(育つ)場としての田園空間~として議論が行われ、講演ではいつも須原にお越しいただいている学習院女子大学荘林副学長がお話しされ、あらためて持続性を考えるには等のヒントをいただき、今後に繋がるような勉強させてもらいました。本日、私の役割は、北は北海道から西は沖縄まで全国の皆様の前で壇上に上がり、僭越ながら「田園自然再生活動推進宣言」を読み上げさしていただき本日のシンポジウムは終了致しました。 後、交流会があり多くの活動団体、メディア、大学の先生の皆さまと名刺交換さしていただき交流が広がりました。この集いに参加さしていただき皆様との情報交換やご意見をお聞きする等、学びの多い集いでありました。

IMG_20181214_田園再生の集い

IMG_20181214_大会宣言文章東京大学弥生講堂一条ホール10.パネルディスカッション_全体DSCF0274DSCN3194

東京大学農学部

世界農業遺産、現地調査

11.14(水)世界農業遺産認定に向けて国の調査員らが須原魚のゆりかご水田に調査に来られ様々な質問をいただきました。調査のポイントとなる、より多くの人の連携と参画においては、平素よりご支援をいただいている滋賀銀行さん、積水化学さん、JAの皆さん、大阪産大の皆さん、そして地元の皆さん総勢約60名の皆さんにお集まりいただきありがとうございました。世界農業遺産の認定を期待して、多くの皆さんと共有し価値を高め、琵琶湖の保全や持続可能な取組として「魚のゆりかご水田米」「月夜のゆりかご」のブランド力向上に向けて努めたいと思っております。15日付けで京都新聞に掲載されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

地方銀行フードセレクションでPR活動

2018年10月23日、24日と地方銀行主催による東京ビックサイドでのフードセレクションに滋賀銀行さんと一緒に参加し、より一層の「魚のゆりかご水田米」及び「月夜のゆりかご」ブランド化を目指し、本日の多くのバイヤーさんがご来場され、試食・試飲を味わってもらいました。今後商談が成立し繋がって行くことを期待しています。

unnamedIMG_0428IMG_0432IMG_0425

 

第17回世界湖沼会議にて発表

IMG_20181026読売新聞2018年10月18日世界湖沼会議、いばらぎ霞ヶ浦において前回に引き続き発表のご縁をいただき約100人の前で活動の状況をサポーターである赤松喜和さんが堂々と発表をしてくれました。湖沼流域で実践されている市民活動団体や環境学習、地域に根ざした活動団体が第2分科会にお集まりになり発表後、農家の皆さんと・魚道を設置することに問題はなかったか? 堰板の制作等の多くの質問をいただき、価値ある発表となりました。 又、衆議員代議士である地元竹村展英先生も応援参加いただきました。  その後10月28日付けで読売新聞にも掲載されました。

unnamed

P1200876P1200877P1200878P1200888(須原)質疑応答P1200944

P1210004P1210013

【買うエコ大賞】投票のお願い

去る9月5日滋賀グリーン購入ネットワーク(滋賀GPM)主催による【買うエコ大賞】の第1次審査会が開催され予選を通過した13組が公開プレゼンテーションが行われ、その内6組が選ばれ、見事にせせらぎの郷「魚のゆりかご水田米」がノミネートされました。10月1日より来年1月末日まで一般投票が行われ、最も高い評価を得た商品が大賞として表彰を受けることになっています。下記リンクよりWEB、はがき、手紙などで投票できますので是非「魚のゆりかご水田米」をよろしくお願い致します。 又、職場、友人、家族の皆さんに拡散をよろしくお願い申し上げます。

※買うエコ大賞HP↓
http://kaueco.net/

学習院女子大学より研修受入

18.8.8 猛暑のなか、東京学習院女子大学・国際交流学部 荘林先生のゼミ合宿で須原魚のゆりかご水田を18名の方が視察研修にお越しになりました。滋賀県の農林水産業の活動、まずはパワポによる活動報告~質疑応答~現地視察で現在の田んぼ出水時期を終え稲穂が垂れ下がってある景観に感動され、皆さん写真に治められておりました。昼食はあやめ荘で、私もご一緒させていただき、湖魚料理を満喫されていました。今回滋賀県にお越しになりはじめてにしては、沢山食べていただきました。IMG_0206

野洲市花火大会に出店

平成30年7月21日(土)野洲市花火大会が蓮池の里公園で実施され、せせらぎの郷として純米吟醸酒「月夜のゆりかご」魚のゆりかご水田米の「焼きおにぎり」せせらぎの郷で漬けている「鮒ずし」採りたて野菜「枝豆」「ミニトマト」「お茶」を出店さしていただき、今年度は更に滋賀県立大学が作っている「湖風」も大学のお酒プロジェクト坂口さん、羽田野さん、大阪産大の大北さんの応援をいただき大いに盛り上がり皆さんからも注目されていました。本当に猛暑の中、スタッフ、大学の皆さん汗だくになりながらの啓発活動、遅くまでありがとうございました。今後も互いに販路拡大を目指し県立大のお酒プロシ゜ェクト(湖風)さんと連携を取りながら飲み比べのできるイベントを考えて行きたいと思っておりますので皆さんの更なるご支援・ご指導をお願い申し上げます。IMG_0125IMG_0126IMG_0127IMG_0131IMG_0132IMG_0133IMG_0134IMG_0150IMG_0162

 

 

 

 

30稲刈体験募集

観察会は残念ながら雨天のため、中止とさしていただきました。次回は雨の降らないのを祈り9月1日(土)稲刈体験を実施しますのでご希望の方はメールにて参加申し込みをお待ちしております。本年度から非常に人気が出ており定員になり次第、申し込みを締切りますので早めにお申し込みをお願いいたします。又、30年産新米「魚のゆりかご水田米」を予約いただいた皆さまには当日お渡ししたいと思いますのでメールにて注文をお待ちしております。PowerPoint ƒvƒŒƒ[ƒ“ƒe[ƒVƒ‡ƒ“