月別アーカイブ: 2017年10月

JICA研修受入及び中日新聞掲載

平成29年10月19日(木)本年度も国際協力機構(JICA)のエチオピア、インド、イラク、メキシコ等10カ国の皆さんが須原「せせらぎの郷」に視察に来られ持続可能な水資源の利用と環境保全を求めて、我々の取り組んでいる「魚のゆりかご水田」活動を興味深く、現地視察、並びにプレゼンを熱心に耳を傾けていただき、鳥の被害、知力の維持等、多数の質問をいただき、私ながらいい勉強をさせていただきました。この視察研修について、京都大学の渡辺先生、通訳の方、ILECの皆さん大変お世話になりました。益々のJICAの発展とご活躍をご祈念申し上げます。DSC_0368DSC_0369DSC_0369unnamedDSC_0402IMG_20171020中日新聞

29八王子収穫感謝祭

29.10月9日(祝)本年度も秋晴れの下、八王子の古本まつりの一角をお借りし、魚のゆりかご水田米収穫感謝祭を開催さしていただき、祝日とあって多くの方がお越しいただき、参加いただきました。魚のゆりかご水田米の試食~販売、枝豆、にんにく、鮒ずし、ウロリ、エビ豆を販売させていただき、ほとんど完売させていただいたことを嬉しく思っております。なかでも我々のトークで話をさしていただき、近所のご夫婦からも熱心に耳を傾けていただき、質問もいただき我々の活動に感動され、これは循環しなければならないとの思いで無農薬米5k買っていただきました。このように一人でもこの活動に共有いただいたお陰でいいPR・啓発が出来ましたことを八王子の皆さんのお陰と感謝申し上げ、今年も大変お世話になりありがとうございました。

 

unnamedreceived_1488484441218919DSC_0358DSC_0357DSC_0356DSC_0355DSC_0359

日本弁護士会で活動報告

17.10.5日本弁護士会が主催する人権擁護大会シンポジウムが開催され第3分科会では「琵琶湖がつなぐ人と生きものたち」のテーマでびわこ成蹊スポーツ大学の西野麻知子先生が基調講演され、続いて市民の環境活動事例として魚のゆりかご水田の活動報告をさしていただきました。もう一人方、水源の森保全活動として小松明美さんが報告され、その後「市民による生物多様性の保全と地域社会の実現をめざして」をテーマで西野先生と三日月知事によるパネルディスカッションがあり環境活動だけでなく持続可能な取組にするには生産者と消費者をつなぐ仕組みづくりをしなければならないとの知事からのお話しがありました。本日の参加者350人の前で活動報告が出来たことは大変有意義でありいいPRとなりました。終了後懇親会では「月夜のゆりかご」をご賞味いただき数人の方から注文いただきました。DSC_0319

 

DSC_0350FB_IMG_1507267152198DSC_0337 DSC_0344